博多曲物(はかたまげもの)とは、杉やヒノキの板に熱を加えて曲げ、桜の皮で綴じて作られたものです。 関東では「まげわっぱ」と呼ばれています。

博多曲物の起源は諸説ありますが、江戸時代より盛んに作られ、福岡市にある筥崎宮の神具として、古くから奉納されてきた伝統を有しています。

URL  :http://hakata-dentou-kougeikan.jp/hakata-traditional/hakatamagemono